<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3Dプリンター


今まで幾つかのプリンターについて記憶していることを書いてみたけど

すべてが平面に印刷する機械

当初3Dプリンターは立体物に印刷するものではと思っていた

駅前や通りに建てられている彫刻や彫塑のような複雑な表面の造形物などの

立体物の表面にカラフルな図柄を螺旋的にノズルを移動させて印刷する と

そのように思っていたが

全くの思い違いで印刷機と言うよりは造形機と言えるものだった

インクジェットプリンターはインクを細いノズルから噴射するけど

3Dプリンターはインクではなく液状の樹脂を噴射する

薄い層を何層にも印刷を繰り返し指示された造形物を塗り上げるように

制作して行く、小さな造形物であれば家庭でも作れる

ある悪い者がピストルを制作して事件を起こしたとニュースで聞いた

自動車部品、ロケット部品、ほとんどの物を作ることが出来る

出来上がった物の材質が樹脂という欠点がありそうだけど

アルミを噴射すればアルミ製品ができはしないだろうかと考えてみたり

まだ改良される余地はあって未来への可能性はいっぱいありそう

大きくて広い工場であれば切削器具を使わずに大きな部材を制作できる

3Dプリンターはインクジェットプリンターの応用機械

応用は更に進んでどのようなプリンターになってゆくのだろうか


|
[PR]
by grand-ant | 2016-09-22 07:24

インクリボン式プリンター


初めて買ったMSXパソコン(サンヨーのWAVY77) の印刷方式は

カラーリボンによる転写方式だった

(カラーインクリボン熱転写方式と言うのが正しいのかも)

その後に買ったワープロ(NECの文豪)もこのインクリボン転写方式

リボン(片面にインクが塗ってある)の上をタイプライターで一文字ずつ

打っていくような印字方法

使用済みのリボンを引き出してみると入力した文字が一列に

抜き文字の状態できれいに並んでいた面白い印刷方法

15年前まで使っていたがずいぶん昔のような気がする

その残骸の機械は廃品に出さずに机の下で眠っている

印刷された紙は二本のローラーの間を通ってくるので、はがきなど

少し分厚い紙は WAVY77 の場合は筒状にカールがついて出てきていた

逆に丸めなおして癖を取る手間が掛かっていた

現在使用しているインクジェットプリンターはそんな欠点も無く

ものすごく使いやすく進化している、インクリボンは高価であったが

現在のプリンターのインクカートリッジも高価であるのは今でも問題点


|
[PR]
by grand-ant | 2016-09-19 09:10 | 想い出

アイロン熱転写印刷


子供たちがまだ小さい頃熱転写シールを

駄菓子屋のおまけで貰ってきたことがある

ノートや手提げ袋にアイロンで写して遊んでいた

最近でもA4サイズの熱転写シートが売られていて

(A4サイズ3~4枚入りで1,000円ぐらい)

パソコンに読み込んだ好みの図柄を

家庭のインクジェットプリンターでシートに印刷してから

アイロンでTシャツなどに熱転写することが出来る

オリジナルTシャツを1~2枚作ろうと思えば

この方法が安価にできる

ガーメントプリンターなどの印刷に比べると

仕上がりの程度や洗濯にどのぐらい耐えられるかなどで

劣る点はあるかもわからないが利用価値はありそうな気がする

この方法は図柄の左右が反転する

図柄を作成の際はこの点に特に注意しなければならない

文字を入れる場合は裏文字にならないように

あらかじめ文字を反転させておいてから印刷するとよい


|
[PR]
by grand-ant | 2016-09-18 06:08 | 想い出

ガーメントプリンター

    
先日、Tシャツに印刷するなら「ガーメントプリンター」

こんな広告を見て"ガーメント"とは?と思っていたが

"衣料"のことと分かった


シルクスクリーン印刷の他にどんな方法で印刷するのかと興味が湧き

ネットで調べてみると衣料対応のインクジェット方式と分かった

家庭用に普及しているインクジェットプリンターの改良型らしい

まず、布地に前処理剤をローラーで塗り、プリンターで印刷、

プリントの後に熱による加圧処理をして完成

印刷のための製版と言う工程は要らないけどTシャツを一枚一枚

セットする作業が必要で、インクジェットプリンターの印刷速度は

家庭用のものとそう変わらずに遅い感じがする

50枚~100枚の印刷をしようと思うと相当のコストがかかる

家庭用とか趣味用のプリンターではと思ってしまう

1枚~2枚の印刷にはいいと思うが設備費から考えて

趣味用としての必要性は無いのでは


縫製前の布に印刷して、まとめて切り抜いてからTシャツに仕上げると

コストはずっと小さくできる、

Tシャツにはこれ以外の印刷法が適していると思う


ガーメントプリンターではなく「テキスタイルプリンター」と言った方が

分かり易いのではと思ったが以前から大工場で使用されているらしい



|
[PR]
by grand-ant | 2016-09-16 09:57