<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

空気のなくなる日


これは小学2~3年生頃に見た映画の題名

学校から団体で観に行った、文部省推薦映画だったと思われる


地球の近くをハレーすい星が通過するときに

すい星の尾っぽが地球の空気をかすめ取って行ってしまう

その時、地球の空気が5分間なくなるという小説を映画化したもの

映画では学校で5分間息をしないでいる訓練を全校生徒で行っていた

水を入れた洗面器に5分間顔をつけて息をしないでいる

5分間は長くてなかなか難しい訓練のようだった

そこで考えたことは自転車のチューブに前も持って空気を入れておいて

空気がなくなった時に少しずつ吸って5分間を耐えようとした

その頃は自転車の普及は一部の家だけで普通の家にはなかった

さらに、限られたお金持ちは自動車のタイヤをふくらませて用意した

でも空気がなくなることはなかった

当時の専門家が考えたことであろうが滑稽な話であった

この映画は後に見たオレゴン星の漫画と共に宇宙への関心を深めた


ハレーすい星は76年周期で地球に近づくらしく

次に近づくのは48年後、どんな話題が広がることか

ひょっとしたら地球への大きな隕石の落下を伴っていたりすると大問題

その頃には隕石をミサイルで爆破するかもしれない

先の(2月16日)のロシアの「チェリャビンスク隕石」は

地球に直撃する直前に上空でUFOが爆破させたとの情報がある

UFOは惨劇を最小限に抑えることに成功した・・・

事実ならUFOの操縦者は地球よりも進んだ文明をもっている


小学校から観に行った映画で題名までよく覚えているのは

この映画と「鐘の鳴る丘」その他で題名が定かでないのは

山川惣治の「少年ケニア」の恐竜の出てくる映画も少し記憶にある

「ターザンの・・」は何作も観ている
[PR]
by grand-ant | 2013-03-15 05:19 | 想い出

空想 Ⅴ

今日も明るい光のなかに爽やかな花の香りが漂う

音楽が静かに流れ心はやすらぎの境地

ここは天国

蓮の花が ポン ポンと音をたてて咲いている

そのたびに一人 また一人 天国への入国者が増えてゆく

蓮園の傍で眺められる景色を想像した

「あっ、幸さん、どうしてここに、早すぎるでしょう!・・・」

「やあ、福じゃないか、君の居ない暮らしはつまらなかったよ

     どうしているかと思っていた、ここで会えるなんて・・・」

再会の元夫婦らしい会話が聞こえてきた

ここでは苦しみも悩みもない、香りだけで過ごしている

幸は歩道を歩いていたらビルの壁が剥がれて落下、あっという間に昇天

瞬間の出来事だったので痛みも苦しみもなく先ほど気が付いた

幸は自分がそこにいる事情をよく理解していないかもわからない


天国でこのように再会できるのは極めてまれで

ほとんどは会えなくてさまよっている

見渡す視界の端から端までが1光年もある

こんな広い場所を何日も何日も捜し歩かなければならない

江戸時代に逝った人や奈良時代に逝った人など

さまざまな服装の人々が行き交う

心当ての人はなかなか見つからない


なかには、さまよっていると言うのは当たっていなくて

再会の思いもなく無我の境地で瞑想に浸っている

聖人の心で静かに時を過ごす、これが天国らしい過ごし方


のどかな雰囲気、鳥のさえずり、清流のせせらぎ

そんな中、第599甦生花園では長い行列が

天国を満喫した人たちが下界への甦生を願って

順番を待っている

「甦生花」それは異次元へのタイムマシンで

女性の胎内へ届けられる

未来行き 現在行き 過去行き 異星行き

それぞれが好みの行き先を告げている


と すれば

何年か前に私もそのタイムマシンで地球に届けられたことになる

天国の記憶は全くない、どうしたことだ

誰かがその記憶を消してしまった、いったい誰が・・・

いや、地獄に居たと言うことも考えられる

そうだとしても記憶はない 私はなぜ 今ここに居るのだ
[PR]
by grand-ant | 2013-03-08 11:34 | 想い出

空想 Ⅳ

忙しく仕事をしている頃を思い出していた

睡眠時間が4~5時間、その他は仕事 楽しんでいたなあ

夜中の10時過ぎ、気分転換と思い近くの銀座街に飲みに行った

お酒を一合も飲めばいい気分になれたが

それ以上を飲むと頭が痛くなってくる酒に弱いタイプ

その日は一合と少しを飲んで酩酊してしまった

さあ 帰って仕事をしなくてはと思って立ち上がった時

離れたところで飲んでいた頭の禿げあがった老人が近寄ってきて

あなたはアルコールを分解する酵素が極めて少ない人だ

これを1錠 1時間前に呑んでからお酒を楽しむといい

と言って2錠の「アルコール分解酵素剤」と言う耳慣れない薬をくれた

この薬は脳に作用して肝臓にアルコールの分解指令を出す

ただし、24時間しか効力がないのでそれまでには飲み止めるように

なんでも医院業を息子に譲ったらしい引退医師だとか

後日、真偽は分からなかったがだまされたつもりで呑むことを決行した

お酒をどのくらい飲んだのだろう、勧められるままに何杯も飲んだ

普段なら考えられない量だけど心地よい酩酊感と

高揚感とでも言えばいいのか、初めて味わう気分だった

生まれながらにして体内に分解酵素を持っている人は

毎回こんないい気分なんだなあ、と うらやましく思った

ひょっとして青酸剤のような毒薬だったかもしれないのに

うかつなことをしたという反省もしたが何ら悪い影響は出なかった

後日残りの1錠も飲んで楽しんだことは言うまでもない


そんないい気分を味わえたのに、さらに欲深いことを考えた

「 饒舌な口と 人を楽しませる懐柔術」が欲しいと思って

あの老医師に会うべく何日も待機した

「ハート懐柔剤」こんな薬もあるのではと期待したが

しかし、ひと月経っても、ふた月経っても

会うことが出来なくてむなしく日にちは過ぎて行った

それが、どうも不思議だった

もしかしたら、遠い星から来た異星人だったのかなあ

あの時、再会の約束をしておけばよかった
[PR]
by grand-ant | 2013-03-01 05:48 | 想い出