カテゴリ:コンピューター( 6 )

年賀状

イラストを取り込むのにカメラで撮ってそれを貼り付けていました。
カメラでは白地がグレーになり思う画像にならないので、
スキャナーがあればと以前から思ってました。

一昨日スキャナー付のプリンターを思い切って買ってきました、
下から2番目に安い機種でした。
試験的に取り込みましたがカメラよりはいいです。

先日の「ゆたんぽ」と「柿渋」の画像もスキャナーで取り込み、
カメラ画像と入れ替えました、ほとんど原画通りです。
カメラではグレーが勝ってイメージが大分違いました。

昨日は手順の分からない所がありましたので大阪駅前の、
サービスステーションに行って詳しく手順を習いました。
時間を掛けて詳しく教えてくれました。

Canon製品でしたら、ここでたいていのことは教えてもらえます。
家電の販売店では教えてくれないこともここなら、
丁寧に教えてくれますよ、Canon製品でしたら、どうぞ!

ついでにカメラの中の埃の掃除もしてもらって、
昨日は満足の一日でした。

昨日は京都の永観堂へ写真を撮りに行く日だったのですが、
朝はどうしても手の掛ることがあってそちらは中止しました。
でも、スキャナーの取り扱いが理解できて、
あきらめもつきました。

表題の年賀状、一昨年まではプリントごっこでプリントの後、
一枚一枚筆で着色していました、
昨年はカメラの画像を読み込んでごちゃごちゃ修正して作りました、
今年はそのままプリントで終わりそうです。

d0007663_74531.jpg
[PR]
by grand-ant | 2005-12-03 06:56 | コンピューター

雑誌「MSX」

d0007663_5345284.jpg
1986~1989年、この頃に買っていた雑誌、
「MSX」を出して見ました。

カラフルなページでゲームソフトの紹介がいっぱい。
MSXの未来はばら色と思える内容です。
毎月新しいソフトが次々と掲載されています。

ゲームのプログラム紹介ページも多いです、
自分で入力してゲームを作る人が多かったのでしょう、
プログラミングと言うのでしょうか、
雑誌の後半1/4ぐらいをしめています。

パソコン通信のページもあります。
グループごとのネットになっていたようで、
ネットへの加入勧誘の記事がかいてあります。

インターネットのはしりといえますね、
会費も高く、ネットの電話代も高くつきそうでしたから、
ケチな私は加入はしませんでした。

オンラインショッピングの方法などの話題も載っています。
この頃にはすでに利用されている方がおられたようです。

BBSとかチャットとかメールも存在していたのです、
あると言うことは知っていましたが利用はしていませんでした。
無線の世界でもBBSやSSTV(画像通信)もよく話題になっていました。

今もそうですがパソコンの世界は日進月歩、
半年もすると新機能の製品が登場しています、
これからもどんどん変わってゆくことでしょう。

「MSX」はマイクロソフト社とアスキー社の主導ですすめられ、
M icro S oft e X tended から3文字を連ねたものです。
家庭用のパソコンとしては限界があったのか、
MSXの人気はなくなってゆきました。

雑誌で20年前を振り返ってみました。

d0007663_11395746.jpg

[PR]
by grand-ant | 2005-08-12 05:35 | コンピューター

MSXパソコンゲーム

d0007663_544668.jpg
d0007663_54698.jpg
懐かしの「MSXパソコン」
ご存知の方もあるとおもいます、もう少し書いて見ます。

まず昨日のソフト名は間違ってました、
正確には「悪魔城ドラキュラ」です。

コナミのMSX2の初のゲーム、悪魔の棲むドラキュラ城に一人の青年が、
ムチを片手に入って行き沢山の悪魔達をやっつけるゲームです。
ビシッ!ビシッ!とムチの音が爽快でした。
結局私は最後の画面には入れませんでしたが途中まで楽しみました。
全部で150以上のステージがありました、
息子は最後の画面を見たと言ってますから制覇したのでしょう。

次に買ったのが「キングコング2」コナミの第2弾です。
ニューヨークの世界貿易センタービルから転落したキングコング、
死んだと思ったのに瀕死の重症で生きていました、
助けるためには大量の血液が必要とされ、血液を求めて、
まだ生き続けていると思われている"レディコング"を探しに行きます。
ドラキュラと違ってマネーを取得したり交換したり、
だいぶ複雑になっていました、これも制覇はしていません。
息子は制覇したのか制覇しなかったのか?です。

3つ目は「ドラゴンクエスト」コナミではなかったです。
これはよく覚えていません、ゲームは卒業しました。
子供たちはその後も「ブロック崩し」など買ってきて楽しんでいました。

私は雑誌「MSX」に載っていたゲームの作り方のソースを丸写しし、
サッカーゲーム、スカッシュゲーム、迷路脱出ゲームなど作りました。
ソースの入力は大変な割りに、出来たゲームは簡単で物足らなかったです。
ゲーム作りもあきらめて次にワープロに専念しました。

ソフトはASCII社の「MSX-Write」です。
文書はこれで出来ました、付属のWAVY NOTE を追加すると
住所録、スケジュール、電卓、メモ帳、カレンダー等々使えました。
重宝したのはやはり住所録です。

MSXのマシーンはもう作られていませんが、
いまだに新しいゲームなどのソフトが発売されていることが、
検索からわかりました。
昨日は"MSXはおもちゃ"と切り捨ててしまいましたが、
まだファンは多くいるらしいです。
d0007663_564811.jpg

[PR]
by grand-ant | 2005-08-11 05:04 | コンピューター

ネットに繋がっていないPC

ネットに隔絶された生活を送っていると、
ネットのありがたさを通感しました。
何事があってもすぐ検索をしますと悩み事は解消します。
検索の機能はものすごくありがたいものです。

花火の開催日も、電車の乗り換え順序も、
そこの開催地図も詳しく分かります。

ネットに繋がっていないPCは、
以前使っていたワープロに成り下がってしまいます。
PCの方がより優れた高級機とは言えますが、
ただの箱になったような寂しさでした。

19年前に初めてMSXパソコンSANYO Wavy (8ビット機)を購入、
テレビに繋いでワープロとゲームを楽しみました。
この時はネットもありませんから子供はゲーム、
コナミの「ドラキュラ城」などで遊びました。
大人にも面白いゲームでした。

そこは8ビット機(64KB)、スピードも遅く、
今思えばおもちゃです。

そして私はワープロ、このPCにはプリンターも付いていて、
5~6年は年賀状にも活躍しました。
雑誌でゲームの作り方を見て簡単なゲームも作りました。
言語はMSX BASIC マシン語もありました。
このワープロは文豪に比べればやっぱりおもちゃです。

このPCも後に購入のNEC PC-9801BXもワープロの文豪も
ネットに繋がっていないPCでしたから
今回のことで、この頃の記憶が甦りました。
[PR]
by grand-ant | 2005-08-10 05:41 | コンピューター

被雷によるネット中断

ネットに接続出来ない日が3日続きました。
土曜日の午後4時頃から足掛け4日も、
ネット世界から隔離されました。

土曜日の午後は雷がよく轟いていました、
どこか近くに落ちたのだろうかと思っていましたら、
NTTのネット回線のADSLモデムに影響があったようです。

でも電話もPCも被雷はしていません。
一時はPCを疑って見ましたが、使っていなかったPCも、
同じ様に接続できませんのでNTT側に問題があるのではと、
NTTのカスタマーセンターになんども電話しました。
「只今大変込み合っています、しばらくしてお掛け直しください」と
繰り返すだけでした。

年中休みなし、24時間サポートの看板に偽りあり、
月曜日になってNTT電話局に電話して、
火曜日午後調査に来てくれるとのことが、
夕方6時になってやっと来てくれました。

ADSLモデムの電源トランスが異常とのこと、
こうかんしてもらいましたら3日振りに開通しました。

我が家だけでなくこの度の雷で多くの家で、
電話が使えなかったり、ネットに繋がらなかったり、
被害が多くあったそうでした。

ネットに繋がらない生活は静かでした、
お陰で散らかっていた部屋がきれいになり、
孫達の写真をプリントして退屈をしのぎました。
[PR]
by grand-ant | 2005-08-09 19:02 | コンピューター

仕事を振り返る

夏のような日がつづき、
家に居る時の服装をTシャツにしていましたら、
今朝は上着が要るほどの気温です。

それでは今朝もプログにかかります。

私の仕事はディスプレイ業の端くれで、
大阪万博も花博も私の仕事に寄与してくれました。
キャプションなど手書きのものが、
まだ広く採用されていました。

愛知万博には手書き文字などは多分無いでしょう、
Macのグラフィックソフトに、
大型の多色プリンターで安価に作られて、
きれいに展示されている事と思います。

大型の写真ポスターなど多量に印刷されるものは
ありましたが、1点物の印刷の出きる安価な多色刷りの
大型プリンターはまだ存在していなかったです。

コンピューターによる切り抜き文字もまだなかったですね。
カッティングシートをカッターナイフで切り抜いていました。

その頃某デパートのショーウインドーに
1点ものの説明パネルに写真植字をシルク印刷した
高価なものを見つけて驚いていたぐらいです。

文字の手書きできる人は大事にされた時代です。
ソ連館での徹夜仕事をして欲しいとの依頼もありました。
納期の迫った仕事など突然の仕事がよく来ました。

時代は変わってコンピューターが巾をきかしています。
きのうの日記で思い出しました。
[PR]
by grand-ant | 2005-05-03 06:17 | コンピューター