子供の頃

中学生の時、
近くに住むいとこが、
2段重ねの重箱を丁寧に風呂敷で包んで、
「伯母さんおはぎです!」と言って持て来た。
母は丁重にお礼を言って、
ありあわせのお菓子か何かをお返しに渡した。
その後で重箱を開けてみると、
「今日はエイプリルフール」と書かれた紙が一枚、
入っていた。

母と私は、いっぱい喰わされたことに気づき、
なんーんだ、いやらしい! とそんな意味のことを言った。
後日重箱を返しにいって、
この話題でひとしきりもりあがった。
[PR]
by grand-ant | 2005-04-01 07:55 | 想い出
<< 子供の頃 Ⅱ 桜の4月 >>