愛知での生活

もつれた糸の端の一本の糸を引くと、
からんだ糸が付いてくるように、一つのことから、
つぎつぎと思い出してきます。

その日の事も書いたりでまとまりありませんが、
一応プログのテーマは「過去の記憶」です、
思い出して書いていると題材は尽きません。

京都の会社に就職してすぐに命じられたのが、
某自動車会社への出向でした、それも一年間も。
同時に入社した大卒の先輩と二人で・・

某とは書きましたが出向地は愛知県誉母(ころも)市、
今の豊田市です。

日曜日になると名鉄バスで名古屋へ、
日進経由だったり東郷経由の時も三好経由もありました。
愛知万博の少し南を行き来していました。

名古屋市千種区に年の離れたいとこが居ました、
なんの気兼ねも無く日曜日を楽しみにして行きました。

豊田では二人で下宿です、
ここは宿だけで風呂も食事も外でしました。
近くの「めし屋」さんでの赤出しの味には驚きました、
この地方の赤味噌?で作る普通の味だそうで、
私には初めての味で一つのショックでした。
また飲んで見たいと時々懐かしく思い出します。

この年は当時の皇太子殿下と美智子さんが結婚された年です、
これを機にテレビが普及したのでしょう、
毎日行くお風呂屋さんにも新しいテレビがありました。
その頃のテレビドラマ「ちょっと来てママ」
によく出くわしました。
脱衣場で見るぐらいでしたのによく覚えています。

この年はいろんなことがありました、
又の日に書いてみます。
[PR]
by grand-ant | 2005-05-04 07:00 | 想い出
<< 原爆の残骸 仕事を振り返る >>