デジカメ写真

私が写真に夢中になるとは思いもよらない事で、
デジカメを買ってからいつのまにか嵌ってしまいました。

それまではAPSのコンパクトカメラを使ってました、
孫が生まれるまではそう関心もなく、
山へ登った時に山頂で登頂の証拠写真を撮るぐらいでした。

パソコンを使って自在に加工したり、
プリンターで自分でプリントできることなど、
安価で楽しめることが嵌っていった理由です。

花を撮るなんてことは想像できなかった、
関心も無かった草花がとても身近になりました。

花を撮ると今度はその花名が知りたくなります、
関心も無かった花ですから花名など知るはずがありません、
Webで検索したり、花の図鑑で調べたり、

街を歩いていると
家々の玄関先に置かれた花にも目が行きます、
珍しい花に出会うとカメラを向けたくなります。

お家の方が居られると、
「すみません、ちょっ撮らせてください」
「これ、なんの花ですか?」
と言ったりしています。

風景画も描きたいと思ってはいても、
カメラを向けてシャッターを押すだけで、
代用できると思ってしまうと
描くことがおっくうになります。
私の絵の腕ではカメラに負けてしまいます、
絵はなかなか描けません。

デジカメのない生活なんて考えられませんね、
パソコンとプリンターの3点セット、
楽しい私のおもちゃです。
[PR]
by grand-ant | 2005-04-29 06:24 | 写真
<< ボーイスカウトの記憶 奈良市写真美術館 >>