新寄宿舎Ⅱ

d0007663_520848.jpg
寄宿舎の裏側は桑畑でその向こうは海岸の砂浜です、
反対側の表の方も桑畑が続いています、
桑畑の中を横切っているのは山陰本線の線路です。
写真は見えにくいですが、
中央部で盛り上がっているように見えるのがそうです。

これだけの桑畑、養蚕が盛んだったころです、
もう今は別のものが植えられていることでしょう。

山陰本線は単線です、
左側から右側へ列車が通過してしばらくすると、
今度は右側から左側への列車が通ります。

右側方面が下関へ、左側は松江へ行く方向です。
寄宿舎の窓から毎日眺めていました。
夜の夜行列車の窓あかりも良く見えました。

まだSLが活躍している頃です、
機関車が後ろに1台、前に2台の重連で引っ張ることも度々見ました、
長い貨物列車も車両の数を数えたりしました。

窓からそんな様子が見えていましたが、
逆に列車からは寄宿舎が見えているということだから、
ふとんなど醜いものは窓から乾さないように言われてました。

都会地のマンションでは、
ベランダからふとんを乾しているのを良く見ます。
後日、それほど気遣うことも無かったのにと・・

寄宿舎の窓から撮ったものです。
[PR]
by grand-ant | 2006-02-16 05:22 | 想い出
<< リヤカー 新寄宿舎 >>