手洗い

ウォシュレットは普及してきましたし、
私が子供の頃とトイレはずいぶん変わりました。

トイレから出てきて手を洗うのに、
手洗い用の水入れが提げてありました。

一番下の金具の棒を手の平の真ん中で上に押し上げます、
ジョロにあるような小さな穴から水が出てきます。
子供の頃上手く考えて作ったものだと感心していました。

どの家も、トイレから出てきたところに提げてあり、
トイレの必需品でしたけど・・

最近はこんな物見なくなりました。
それなりの名前がついていたのでしょうが、
名前もわかりません。
手洗い器としておきましょう。

きのうのつららで思い出しました、
冷たい手を洗おうと金具に手をやりますと、
水の出てくる穴の周りが凍り付いて、
金具も動かなくなっていました。

普段は時々は見て、
水がなくなっていれば上の蓋を取って、
補給してやらないといけません。
今思えば面倒なことですね。

たいていの家のトイレは外にありました、
我が家は部屋続きにありましたが、
下駄を履いてゆく離れのトイレも相当ありました。

d0007663_6164744.jpg
[PR]
by grand-ant | 2005-12-11 05:28 | 想い出
<< ちょうず(手水)鉢 つらら >>