柿の苗木

柿を町の特産品にするという趣旨で、
毎年卒業生全員に渋柿の苗木を1本ずつ渡していました。

もう何年前になりますか、
私も中学校を卒業する時の記念に苗木をもらいました。

もらった苗木は裏の崖上の畑に植えて、
私は町を離れましたから成長を見守ることはできませんでした。
しばらくは大きくなったようですが、
畑を広げる時に抜いてしまったと聞きました。

土地は我が家のものでなく、
畑は借りていたものですから仕方がないことです。

何年か経って、
「○○さんの柿の木はようーけ実を付けとるけー」
と言う話を聞きました。
私の柿の木もそのままあれば
いっぱいの柿の実が実っているだろうなと思ったものです。

しかし、その後町の特産品が柿という話は出てきません、
そのほかの友達の柿の苗はどう成長したのか、
そんな話も聞き忘れています。
今年もいっぱいの実をつけたかも知れません。

卒業記念の苗木渡しもなくなっています。
[PR]
by grand-ant | 2005-11-29 07:03 | 想い出
<< 紅葉 柿渋 >>