想い出のバッグ

この2~3日母の部屋の片付けをしていたら、
ハンドバッグの多いこと、
大小、いろんな形のバッグです。
次から次とよくもこれだけ集めたものです。

もう使えそうにないものまで、
洋服ダンスや押入れに仕舞ってあり、
相当のスペースを占領していました。
捨てたいけど捨てられなかったのでしょう、
一つ一つ、「これはいらないね!」と母に聞きながら、
思い切って処分することにしました。

それはどこで買ったとか貰ったとかわりに覚えていて、
母にしては想い出のバッグのようでした。
私も何十年も前に提げていた姿を思い出して、
当時のことが甦りました。

人様にあげるにしても、
汚れていたり、形が悪かったりで、
喜んで貰ってくれる人は無いと思います。

本も沢山、もう読まないだろうと思える雑誌まで、
大事にとってありました。
これも思い切って廃品回収に出すことにします。

また、手紙類もビニール袋に沢山入っていました、
使っていないハガキに切手、簡易封筒も、便箋も、
仕舞っていたことすら忘れているんです。

切手の貼ってある封筒だけはよけて、
他は捨てることにしました。

各地をまわった時の写真や、
友達などから送ってもらった写真も、
整理されずにビニール袋に一杯ありました。

写真は私も整理せずにあちらに、こちらに、
ばらばらに保管しています。
時系列に整理しておこうと反省しています。

まだ押入れは全部は片付けていません、
洋服類に着物類がこれまた沢山あって、
全部を整理しようと思うと・・・
途方に暮れれる気もします。

少しだけ部屋がすっきりしたかな?
狭い部屋はそう変わりません。
[PR]
by grand-ant | 2005-04-17 06:52 | 想い出
<< 母の日記 桜の通り抜け >>