ゆたんぽ

若い人には馴染みのない言葉と思います、
祖母は寒い冬になると毎晩愛用していました。

祖母が使っていた「ゆたんぽ」は、
ブリキ製で亜鉛メッキがしてありました。
寝る時に熱いお湯を入れてフタをきっちり閉めて、
タオルで包んで足元において眠ります。
足で蹴って外に出さない限り、
ふとんの中はポッカポカです。

入れ立ては熱くて足を離したくなるほど、
朝起きた時はまだほんのり温かいです、
このお湯で朝の洗顔に使います。

今でしたら空いたペットポトルで代用できます、
フタさえきっちりしておけば十分使えます。

自然に優しい"エコ"ですね、
"ゆたんぽ"の言葉もかわいらしい名前です。

もう我が家にはありませんからネットで探してみました、
ありました、ありました!
画像はありましたが著作権があり使用できません、
そこで、イラストにして見ました。


d0007663_18381330.jpg
[PR]
by grand-ant | 2005-11-26 07:22 | 想い出
<< うたた寝 包丁研ぎ >>