桜の通り抜け

d0007663_743590.jpg
造幣局桜の通り抜けに行ってきました。
歩いて行ける距離ですが、
天満橋から桜ノ宮橋(銀橋)への一方通行です、
天満橋まで京阪電車で行くことにしました。

カメラを持っている人は多いですね、
人の数が多いので三脚で撮るには気が引けます。
下から見上げるようにして写真を撮っていると、
終いには首が痛くなってきました。

今年の花は「紅華(こうか)」でした、
写真を撮りましたから掲載いたします。

通路に以前は玉砂利がしいてありましたが、
いつの間にかレンガ敷きに変わっていました。
さくねんにはすでに替わっていたと思いますが、
今年、やっと気が付きました。

砂利の時は埃もたって靴が白っぽくなるほどでした、
その点からは歩きやすくなりました。

八重桜の種類が多いからでしょう、
まだ蕾の木が多かったです。
今年は会期が過ぎた後も咲き続けていることでしょう。

ソメイヨシノの開花が遅かったので、
大川沿いの桜もまだピンク色の花びらを付けていました。
両方が開花しているのを見れたのも珍しいです。

スピーカーで観覧の注意事項が大音量で流れていました、
日本語の後、中国語でも多分同じことを流しているのでしょう、
流暢な中国語も聞こえていました。
それだけ中国からの観光客が多いのですね、
昨今の日中事情を考えると複雑な気持ちです。

通り抜けの終点は銀橋側で造幣局の正面玄関です。
造幣局の前の国道1号線の道幅を広げる工事が進んでいて、
今までの銀橋の横にもう一つ橋が増設されるのでしょうか、
大きな鉄のアーチが出来かかっていました。
来年の通り抜けの頃には
新しい橋が架かっていることでしょう。

今年2度目の花見、天気も良く爽やかでした。
[PR]
by grand-ant | 2005-04-16 07:42 | 四季
<< 想い出のバッグ ウイルスはどこから? >>