コエンザイムQ10

馴染みのない言葉でしたが、
最近、ラジオ、テレビで聞き飽きるほど聞いています。
それは「コエンザイムQ10」です。

そこで「コエンザイムQ10」について調べてみました。

人の体は細胞で成り立っています、その細胞の中にあって、
エネルギーの源となるのがミトコンドリアだそうです。
このミトコンドリアになくてはならない物質、
それが「コエンザイムQ10」だそうです。

細胞の中で「抗酸化物質」として働いていて、
24~5歳を限度に減少していっているんだそうです。
増えることは無く減少の一途、そこで外部から補うということです。

摂取による効能も調べました。
疲れにくくなった、元気はつらつになった、肌が美しくなった、
二日酔いがなくなった、足のむくみがとれた、集中力が増した、
頑張りがきくようになった、風邪を引かなくなった、
歯ぐきがしっかりした、筋力がアップした、などだそうです。
いい事だらけのようですが、取りすぎは害です。
摂取の方法も、水に溶けないので油分と一緒に取るといいとか。

なぜ、コエンザイムQ10がもてはやされているのでしょうか?
フジテレビ系列「発掘あるある大事典」やNHK、
TBSテレビ系列ででも取り上げられ知名度が上がったようです。
単なるブームなのでしょうか?

ここ一年位飲んでいるものに「ニンニクカプセル」
私の一番嫌いなニンニクですがこれはなんとか飲めます。
でも最近風邪を引いてしまいましたから、
効果のほどはわかりません。

「コエンザイムQ10」私の触手もちょっと動いています。
[PR]
by grand-ant | 2005-04-13 08:32 | 健康と美容
<< 阪神タイガース好調での悩み アメリカ人は新鮮な野菜をバリバ... >>