万年筆


最近はやりの(?)ブックオフで購入した

「池波正太郎の回顧録」を読んでいたら万年筆が語られていた

名の売れた小説家だけあって いつでも使える状態の万年筆が

40本もあったとか、さすがに文筆家はすごいと思った

好みの銘柄は「モンブラン」であると書かれていた


この頃は使わなくなった万年筆、私も高校時代から使っていたが

普及品の安物だった、それでも一本しか持っていないので大事に使っていた

就職してからは少し上等の万年筆を購入して大事に使っていた

上着の内ポケットに入れて、二つ折りにして持ち歩いている内に

その大事な万年筆を落としてしまったことがある、一度だけなら許せるとして

二度も同じ失敗をして、このおちょこちょいの性格は今も変わっていない


中学生の頃、近所の友達が叔父様から貰ったという万年筆を持っていた

この万年筆はペン先がいまのボールペンのような、極細の軸で

中に更に細い針金が入っていて、インクが詰まらないように時折 カチカチと

動かしていないといけない代物だった

今の「修正ペン」と同じ構造になっていたように思う

ボールペンと万年筆の中間のようなものだった


就職して しばらくして大阪に住むようになり 通勤の帰りに見かけたのは

京橋駅前(通り)で泥まみれの万年筆を山積みにして

倒産した会社で借金のかたで引き取ったものと言って売っていた

万年筆の話が出ると この事が思い出される

「男はつらいよ」でも 寅さんが似たような万年筆を売る場面があった


京橋の商店街には「万年筆専門店」があって(現在は閉店)、ご主人とは

意気があって万年筆について教わった、店頭のウインドウディスプレイを

2回ぐらい注文を受けてさせてもらった、細かな商品説明のカードも

私が描いて、気ままに楽しんだものだった、その頃からのしばらくは

万年筆の黄金時代が続いていたのではないだろうか


その頃は ちょっとかしこまった手紙を書くときは万年筆で

ボールペンでは失礼なような気がしていた、

この頃はそういった気持ちは薄らいでなんでもボールペンで書いている

これも時代の移り変わりと思う、今はボールペンしか持っていない


最近のボールペンは品質が良くなっていて かすれたりするものは

なくなってきた、細字用、太字用など数本が机の上に転がっている

今も万年筆を愛用されている方もあり、デパートでは万年筆コーナーは

まだ健在の模様、販売もされているらしい


当時はペン先に「14金」と書かれたものが高級品と思っていた

最近の万年筆を一度使ってみたい思いになっている



|


[PR]
# by grand-ant | 2017-08-27 20:16 | 想い出

記念撮影    

先月は結婚式に招かれた

形式っぽくてありふれた式だったけど

ハッピーな気分になれた

自分の時はあの形式が嫌で

二人だけの結婚式にしたものだ

叔父だの叔母だの、甥だの姪だの と

紹介しあっても

10年経っても20年経っても

よほどのことがない限りは会うことはない

会うためのいい機会には違いないが

豪華な式をしても一年後には別れてしまったりで

むなしさでいっぱいになる


親戚一同が集まっての記念撮影

今回はフラッシュなしの撮影だった

撮影技術が優れているのか

カメラがよくなったのか意外に思った

素人がデジカメで撮る時は

フラッシュがない方がきれいに撮れる

プロのカメラマンはフラッシュを焚く

マグネシュームを焚いて強い光を出していた

バシュッ!という音とともに

わずかな白煙が出ていた

数年前まで使われていたマグネシュームフラッシュ

もう昔のことになってしまったのか



|



[PR]
# by grand-ant | 2017-06-04 07:53 | 想い出

民謡をたずねて

先日は「ひるのいこい」が最長寿番組ではないだろうか? と書いたが

まだほかにも長寿番組があることを思い出した

「民謡をたずねて」や「お話でてこい」もまだ放送されているので

どれも最長寿番組の部類に入るのではないだろうか

この他にもいまだに続いている番組があるかもわからない


中学生の頃に放送されていた「民謡をたずねて」は夜の7~9時頃だった

ように覚えているが、いつも雨戸を閉める頃で外は暗くなっていた

雨戸を閉めながら民謡をたずねてで聞こえていた民謡を聞いていた

冬の日は雪が一面に積もって雪明りで遠くまで見えていた

時々家の前の道路に積もった新雪の上を素足で歩いてみたり、走ったり

雪を楽しんでいたことを思い出す

これ以上積もれば明日は学校が休みになるのではと・・期待したり

朝になってあれだけの雪が消えていたりしてがっかりしたこともあった

(以前にも同じようなことを書いたことを思い出した・・)


この頃は土曜日の「ひるのいこい」のあとに「民謡をたずねて」が

放送されている、地方色豊かな民謡はのどかな気持ちにさせてくれる


「お話でてこい」は昼の3時ごろ?だったような気がするが確かではない

「お話でてこい どんどこ どんどこどんどこど」こんな感じで始まって

近くの保育園のスピーカーから大きな声で聞こえてきていた

この頃は 第2放送で午前の10~11時頃に放送されている

第1放送ばかり聞いているので聴く機会がなくなっている




|


[PR]
# by grand-ant | 2017-05-05 10:49 | 想い出

ひるのいこい

高校生の頃だから もう50年も前になる

4科目の授業が終わると昼休みに入ってお弁当の時間

12時からの校内放送はNHKのニュースを流していた

ニュースが終わると普通は放送は切られていたが

時々 後の番組の「ひるのいこい」のテーマ音楽が流れて

○○農業通信員の方の報告などが読まれた後に

きまって歌謡曲が聞こえていた。春日八郎の「お富さん」などの

時は途中でプツンと切れることが多かった

もう少し聞かせてくれればと思ったものだった


この番組は驚くことにいまだに放送が続いていて

最長寿番組ではないだろうか? 2~3年前に60年を迎えた日の

放送を聞いて、あの頃と変わらぬテーマ曲で始まって視聴者からの

便りが読まれてそのあとは歌謡曲が流れてきてあの頃を思い出す

時間となった

今でも山村の風景を思い出させてくれるのどかな番組である


その時期、時期の農作業のポイントなども話されて

農村向けの番組がスタートだったのであろう


10分~15分の短い番組だけどあのテーマ曲を聞くと

一瞬にしてあの当時のことの数々が蘇えってくるから不思議な番組

○○農業通信員、農事通信員、ふるさと通信員などと聞こえてきて

いたがどういう方々なんだろうと当時は思っていたが

最近は視聴者からの便りとなっていて、聞く者を和ませてくれる


山奥から出てきたものは寄宿舎に入っていた

個人的にラジオを持っている者は一人もいなかった

集会室に置かれたラジオの周りに数人が集まって「今週の明星」など

を聞いていた、民放では新日本放送(現在の毎日放送)の

桃谷順天堂提供の歌謡番組を聞いてスポンサーの「明色アストリンゼン」

という商品を知った、覚えやすかったのかいまだに記憶している


|


[PR]
# by grand-ant | 2017-04-19 08:17 | 想い出

3Dプリンター


今まで幾つかのプリンターについて記憶していることを書いてみたけど

すべてが平面に印刷する機械

当初3Dプリンターは立体物に印刷するものではと思っていた

駅前や通りに建てられている彫刻や彫塑のような複雑な表面の造形物などの

立体物の表面にカラフルな図柄を螺旋的にノズルを移動させて印刷する と

そのように思っていたが

全くの思い違いで印刷機と言うよりは造形機と言えるものだった

インクジェットプリンターはインクを細いノズルから噴射するけど

3Dプリンターはインクではなく液状の樹脂を噴射する

薄い層を何層にも印刷を繰り返し指示された造形物を塗り上げるように

制作して行く、小さな造形物であれば家庭でも作れる

ある悪い者がピストルを制作して事件を起こしたとニュースで聞いた

自動車部品、ロケット部品、ほとんどの物を作ることが出来る

出来上がった物の材質が樹脂という欠点がありそうだけど

アルミを噴射すればアルミ製品ができはしないだろうかと考えてみたり

まだ改良される余地はあって未来への可能性はいっぱいありそう

大きくて広い工場であれば切削器具を使わずに大きな部材を制作できる

3Dプリンターはインクジェットプリンターの応用機械

応用は更に進んでどのようなプリンターになってゆくのだろうか


|
[PR]
# by grand-ant | 2016-09-22 07:24

インクリボン式プリンター


初めて買ったMSXパソコン(サンヨーのWAVY77) の印刷方式は

カラーリボンによる転写方式だった

(カラーインクリボン熱転写方式と言うのが正しいのかも)

その後に買ったワープロ(NECの文豪)もこのインクリボン転写方式

リボン(片面にインクが塗ってある)の上をタイプライターで一文字ずつ

打っていくような印字方法

使用済みのリボンを引き出してみると入力した文字が一列に

抜き文字の状態できれいに並んでいた面白い印刷方法

15年前まで使っていたがずいぶん昔のような気がする

その残骸の機械は廃品に出さずに机の下で眠っている

印刷された紙は二本のローラーの間を通ってくるので、はがきなど

少し分厚い紙は WAVY77 の場合は筒状にカールがついて出てきていた

逆に丸めなおして癖を撮る手間が掛かっていた

現在使用しているインクジェットプリンターはそんな欠点も無く

ものすごく使いやすく進化している、インクリボンは高価であったが

現在のプリンターのインクカートリッジも高価であるのは今でも問題点


|
[PR]
# by grand-ant | 2016-09-19 09:10 | 想い出

アイロン熱転写印刷


子供たちがまだ小さい頃熱転写シールを

駄菓子屋のおまけで貰ってきたことがある

ノートや手提げ袋にアイロンで写して遊んでいた

最近でもA4サイズの熱転写シートが売られていて

(A4サイズ3~4枚入りで1,000円ぐらい)

パソコンに読み込んだ好みの図柄を

家庭のインクジェットプリンターでシートに印刷してから

アイロンでTシャツなどに熱転写することが出来る

オリジナルTシャツを1~2枚作ろうと思えば

この方法が安価にできる

ガーメントプリンターなどの印刷に比べると

仕上がりの程度や洗濯にどのぐらい耐えられるかなどで

劣る点はあるかもわからないが利用価値はありそうな気がする

この方法は図柄の左右が反転する

図柄を作成の際はこの点に特に注意しなければならない

文字を入れる場合は裏文字にならないように

あらかじめ文字を反転させておいてから印刷するとよい


|
[PR]
# by grand-ant | 2016-09-18 06:08 | 想い出

ガーメントプリンター

    
先日、Tシャツに印刷するなら「ガーメントプリンター」

こんな広告を見て"ガーメント"とは?と思っていたが

"衣料"のことと分かった


シルクスクリーン印刷の他にどんな方法で印刷するのかと興味が湧き

ネットで調べてみると衣料対応のインクジェット方式と分かった

家庭用に普及しているインクジェットプリンターの改良型らしい

まず、布地に前処理剤をローラーで塗り、プリンターで印刷、

プリントの後に熱による加圧処理をして完成

印刷のための製版と言う工程は要らないけどTシャツを一枚一枚

セットする作業が必要で、インクジェットプリンターの印刷速度は

家庭用のものとそう変わらずに遅い感じがする

50枚~100枚の印刷をしようと思うと相当のコストがかかる

家庭用とか趣味用のプリンターではと思ってしまう

1枚~2枚の印刷にはいいと思うが設備費から考えて

趣味用としての必要性は無いのでは


縫製前の布に印刷して、まとめて切り抜いてからTシャツに仕上げると

コストはずっと小さくできる、

Tシャツにはこれ以外の印刷法が適していると思う


ガーメントプリンターではなく「テキスタイルプリンター」と言った方が

分かり易いのではと思ったが以前から大工場で使用されているらしい



|
[PR]
# by grand-ant | 2016-09-16 09:57

シルク印刷


ディスプレイ関係の仕事をするようになって出合った印刷法で、

それまでに知っていた謄写版印刷に似ていると思ったが、

作品は鮮明さと色彩の鮮やかさでは比べるには値しないほどきれい

だった。謄写版印刷はインクの付いたローラーを押さえるように

転がしながら印刷していたのに対し、シルク印刷はゴムのような

ヘラに粘性の強いインクを付けてシルクの上を押さえるように

滑らして印刷する、印刷の原理はそっくりである。


布地のプリント柄や Tシャツのイラスト柄などはほとんど

この印刷法でできている。コーラの瓶などの曲面や 電気製品への

細かい文字など身の回りの品物に沢山利用されている。


もともとはシルク(絹)を利用していたものが今では丈夫な

ナイロン製や極細のステンレス製の布状の網目が使われている。

それらも総称して「シルクスクリーン印刷」と言われている。


謄写版印刷とシルク印刷の合わさった家庭用印刷機に

「プリントごっこ」と言うものがあって私も何年か利用した、

しかし、これもパソコンの普及で製造は中止された。


本格的な(?)シルク印刷の道具を一揃い揃えて、

真似事の印刷で仕事にしたことがあるが今は廃業している。

使わなくなった写真製版の薬品に毒性があるということで、

その処分に困っている。


|
[PR]
# by grand-ant | 2016-03-27 15:20

写真植字


活版印刷では文字のサイズごとにカタカナ、ひらがな、漢字、欧文の

一揃いの活字を準備しなければならなかったので、活字の保管には

広い場所を占有されるという欠点があった。

写真植字の場合は一つの書体があれば、どのサイズにも、長体にも

平体にもレンズの操作で自在に出力が出来て沢山の「書体」を扱える

ようになった。

印画紙に写真植字されたものが出来上がっても、このまま印刷は出来

ないので、もう一工程の製版が必要になる。


写真植字機は大きな事務机一個分の場所を占めていて、一文字打つ度に

ガチャンと言うような大きな音がしていた。

ガラス板に碁盤目状に配された文字盤を手で動かして希望の文字を

カメラのレンズの場所まで動かしてレバーを押す、この繰り返し。

現在はコンピューター化されて随分小型になって、機能は飛躍的に

進歩していると思う、そうそう、出来上がるまでは確認できなかったも

のがディスプレイ画面を見ながら入力出来るようになったと聞いている。


手書きで文字を書いていたものには、写植の文字は手本になっていた、

朝日の書体にもスポーツ紙の書体にも常に注意を払っていた。


写研は新しい書体を開発するために書体の公募をしていた、30年ぐらい

前のことだったか、そんな経緯を経てからと思うが新しい書体が発表

された、それはスーボ体とゴナ体、そして ナール体、今は当たり前のように

目にしているが、当時は斬新な書体であった。

前の2書体は肉太の書体なので印刷屋さんにとってはインクの使用使量が

増えて歓迎されていなかったと思われる。  その点ナール体は細くて繊細

な感じがロマンチックで好んで使われていた。



[PR]
# by grand-ant | 2016-03-20 09:53